ご本尊にたずねる生活を

–あなたはあみだ様から願われています

 真宗門徒は、念仏を生活の中心にしてきました。仏さまの名(みな)を口に称えつつ日々を暮らし、お寺やお内仏に安置されている「南無阿弥陀仏」と書かれた名号や阿弥陀如来の木像や絵像を「ご本尊」とお呼びし、大切にいただいてきた歴史をもっているのです。その尊さは、文字や像そのものにとどまるではありません。

 私たちがどのような人間であっても、一人ひとりを差別なく、平等におさめとって捨てない仏のはたらきこそ尊く、そのはたらきを文字や絵像によって表現し、真実信心を大切に受け継いできたのが真宗門徒の歴史です。

 仏さまはだれも見捨てません。私たち一人ひとりが、仏さまから真実の世界に目覚めることを願われて生きているのです。仏さまの願いに出あうことによって、誰しも人生をむなしく過ごすことがなくなるのです。そこから、混迷する現代のなかにあって、私の人生の意味が問われてくるのでしょう。いま、一人ひとりが生まれてきた意味をたずねて、ご本尊を中心とした生活をいたしましょう。

–ご本尊について

阿弥陀如来の後光について

 阿弥陀如来の後光(光明)は、四十八本描かれています。それは、阿弥陀如来の本願(四十八願)の数に由来するものです。

 四十八願のなかで親鸞聖人が大事にされたのが「第十八願」です。それは〔お念仏を称える人はどんな人でも「えらばず、きらわす、見捨てず」に救います〕ということを誓われた本願だからです。

 後光は、阿弥陀如来のはたらきが私たちに届く様子をあらわしています。まさに光のごとく、一瞬にしてまんべんなく私たちに届けられるということです。

阿弥陀如来のお姿について

 阿弥陀如来のお姿は、私たちをおさめとって捨てないという「摂取不捨(せっしゅふしゃ)」のはたらきをあらわしています。生きることに苦悩する私たちを一人も残さずおさめとるという〔無条件の救い〕を誓う慈悲の心をあらわしています。

 阿弥陀如来は、私たちの世界から遠く隔たった浄土にとどまっているのではありません。阿弥陀如来の像が立っておられるのは、あらゆる衆生(しゅじょう)を救済するために私たちに寄り添っておられるからです。この立っておられるお姿は、苦悩する私たちを見るに見かねて立ち上がり、私の前に立たれているお姿なのです。

なぜお内仏のご本尊は、本山(真宗本廟・東本願寺)からお受けするのですか?

 本山に安置されている阿弥陀如来像は、宗祖親鸞聖人が帰依しておられるご本尊であります。そのご本尊を直接お迎えするための意味が込められています。

リーフレットのダウンロードはこちら⬇

コメントは受け付けていません。